今年に入って遂にSONYから4K Ultra HDブルーレイの再生プレーヤーが発売されるかも?と記事にしましたが、ついにSONYが4K Ultra HDブルーレイプレイヤー「UBP-X800」を発表しました。海外での品番は同じで、日本での発売は6月24日の予定。想定税別価格は4万5000円前後となっています。

Ultra HDブルーレイ「UBP-X800」

以前記事にしているので詳細はこちら

海外で2017年春、SONY初のUltra HD Blu-rayプレイヤーが発売される?

SONYが、4K解像度に加え、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した「Ultra HD Blu-ray™」の再生プレーヤー『UBP-X800』を発売します。でも、Panasonicから発売されて1年近くたつし、そのほかOPPOやSHARP、ポータブルタイプも発売されたし、ゲーム機だってUltra HD Blu-rayが再生できるものはありますよね。

今更、SONYを購入する理由って何でしょう・・・・と考えてみました。

しかもこのタイミングで再生専用とは・・・せめて再生専用機と、レコーダー付きモデルと2機種販売して欲しいなあ。価格だけ考えると、ボーナス頃には実売価格40,000円を切ってくることを期待しつつ、私ならその頃に価格差がなくなれば、レコーダー付きのPanasonic製DIGAの方を選ぶかもしれませんけど。

では、どんなモデルなのか?見ていきます。

Ultra HD BDプレーヤー「UBP-X800」


日本での発売も6月24日に決まりました。

ドルビービジョンHDRフォーマットをサポートすると期待しましたが、Ultra HD Blu-rayフォーマットで必須のHDR10フォーマットのみをサポートしているようです。

 

公式Youtube

海外のYoutubeです。文章ではなく会話なので英語がほとんど理解できませんが、参考に。

ドライブは?

 

Ultra HD Blu-rayの再生はもちろん、Blu-ray 、DVDビデオ、DVDオーディオ、CD、SACD、Blu-rayなどの再生に対応。

またUSB内のコンテンツも再生可能。SONYユーザーも大好きなWalkman(私もです)もUSB接続して楽しめそうです。

4KBlu-ray(Ultra HD Blu-ray)には、どんな作品があるの?

レビューや紹介記事はこちら

特にこの2作はお勧め!

4Kで「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」を見てから、「インフェルノ」を見よう!

マット・デイモンのSF映画『オデッセイ』(ODYSSEY)は4Kブルーレイがお勧め!

と、この2作品は本当に面白いです。さらに4K Ultra HD Blu-rayで見ると色が鮮やかで、感動もひとしお。暗いシーンが多いこの2作品はお勧めです。

ソニー独自のシャーシ

独自のフレームは、微振動を除去する構造で、電気シールド効果があるので、最高の音と画質を楽しめます。

このフレームは、ハイエンド製品「ESシリーズ」で培われた技術を用いた「FBシャーシ」を採用。振動を抑えて、高音質で聞けるんです。でも一応SONYストアのショールームで聞いた限りでは、周りがうるさすぎて違いが分かりませんでした・・・。

背面のパネルについて

サイズ:W430×H54×D270(mm) 重さ:3.8kg

 

 

端子は、あっさりとすっきりしていて驚きました。

映像出力はHDMIのみです。HDMIが2系統ありますが、1系統はAudio用の出力端子。映像と音声のHDMIを分離して出力することが可能です。

アナログ音声出力はないので注意!

同軸のデジタル音声出力端子(SPDIF)だけ搭載。アナログ音声の2ch・7ch、光デジタル音声出力端子などは見当たりません。

4K・HDR対応

HDコンテンツを4Kにアップスケーリング再生する事も可能。4K SDRのテレビに4K HDRコンテンツを再生する際には、適切な明るさで再現してくれます。

色のコントラストと輝度の範囲が広い

UHD BDの4K/HDR映像に対応し、従来のBlu-rayプレーヤーの2倍の色域を実現するBT.2020もサポートする。

画像はSONYのサイトから。左はBT2020、右がREC709ですが、やはり違いますね。美味しそうに見せてくれます。

 

BT.2020カラーサポートは、従来のテレビ信号よりもはるかに広い色域が表現でき、現実的な色を表現します。

ドルビービジョンのHDRフォーマットはサポートしません。

DolbyAtmos®とDTS:X

DolbyAtmos®とDTS:Xでリアルな映画館の様な音質で楽しめます。
映画館で人気のあるオーディオコーデックである、DolbyAtmos®とDTS:Xを使用すると、驚くほど明瞭に聞こえます。

ドルビーアトモス®とは?

Atmosは、音を別々のオブジェクトとして扱い、典型的なチャンネルからそれらを放して、あなたの周りを自由に、さらにはあなたの上を移動して、深く没入感のあるサラウンドサウンドを実現します。

DTS:Xとは? 

DTS:XとはDTSの誇るオブジェクトベースの新オーディオコーデックであり、音に包まれる新たな体験を提供するテクノロジー。映画サウンドトラックから最大のインパクトを得るために、リアルタイムでスピーカーに適応するオーディオオブジェクトを無制限に作成できます。

ハイレゾ音声再生

ハイレゾ音楽再生もサポート。PCMは192kHz/24bit、DSD 11.2MHzまでの再生が可能です。

DSEE HXアップスケーリング

DSEE HXも備え、MP3などの圧縮された音楽やCDの周波数、ダイナミックレンジを高音質にアップスケールして再生する。オリジナルの録音を楽しむことが可能です。

Bluetooth送信機付き

Bluetooth送信機も備え、Bluetoothヘッドフォンで音を聴く事もできる。煩わしいヘッドフォンのコードなしで楽しめます。ハイレゾをヘッドフォンを聞きながらどの部屋でも楽しめるし、いろいろな楽しみ方ができます。

LDACにも対応

SONYが新規開発したLDACは通常のBluetooth®の3倍のデータを高音質で送信可能。

詳細:http://www.sony.co.jp/Products/LDAC/

映像配信サービス・VODなど

Netflixなどの4Kストリーミング配信も楽しめます。ストリーミングは、上記のように記載されていました。Huluには〇が付いていませんでした。

さいごに

ヨーロッパで520ユーロで発売することを考えると、日本の価格はかなり安め。いつもとは違いますね。

 

 

関連記事はこちらも

4K Ultra HD Blu-ray対応「DMR-UBZ2020」「DMR-UBZ1020」はお勧めモデル

4K Blu-rayの一覧はこちらも参考に