ice-curtain-16558_640

レオナルド・ディカプリオが念願のアカデミー賞主演男優賞を受賞した作品『レヴェナント:蘇えりし者』4K ULTRA HD Blu-ray が8月24日発売されました。第88回アカデミー賞を3冠 (主演男優賞/監督賞/撮影賞) の話題作です。

『レヴェナント:蘇えりし者』とは?

実在した探検家、ヒュー・グラスの伝説を映画化したものです。原作は、作家マイケル・パンクの小説『蘇った亡霊:ある復讐の物語』(The Revenant: A Novel of Revenge)
大自然を舞台に描くアドベンチャー映画で、熊に襲われ瀕死の状態で仲間に置き去りにされ、更に目の前で息子を殺され、想像を絶する過酷なサバイバルと、復讐を誓うかなり重い・重いテーマの作品。ディカプリオの入魂の演技と自然光のみの撮影による映像は見どころです。

しかし、見ていられないシーンも多く、レオナルド・ディカプリオが凄い、凄いの一言で。目を背けたたくもなるほど過酷なシーンが多いのです。

撮影秘話

ロケ現場では気温が低すぎてカメラが凍って動かなくなり、撮影が中断したこともあり、出演者はカメラが凍ると「今日は休みだ」と喜んで屋内に避難したそう。

撮影は自然光での撮影にこだわり、35ミリと65ミリのフィルムを用意したそうですが、デジタルが夕暮れ時に一日あたりの露光の時間が長くなるので、デジタルで撮影する決定がされたそう。

特にマジックアワーと呼ばれる1日1時間半程度の黄昏時の撮影にこだわり、撮影セットは東向きの「朝用」と西向きの「夕方用」の2種類が用意されたそうです。

IMDbによると、菜食主義者であるレオナルド・ディカプリオが、バイソンの生の肝臓を食べるシーンがあったそうで、当初は肝臓に似せたゼリーを使用する話があったそうです。しかし彼はリアリティを追求するため、本物を食べることを決意したそうです。

さらに、重傷を負ったヒュー・グラスが這って移動するシーンで、・ディカプリオは手袋をはめずに演技することを決めたのだけれど、やってみたら超痛くて、他人にこんな思いをさせられないとスタントマンを断ったと言います。また、劇中でディカプリオが生やしているモッサモサの髭は特殊メイクではなく本物で、本作のため1年半も生やし続けたそうです。「ずっと一緒に寝てるからもう奥さんみたいなもんだね」とジョークも飛ばすディカプリオ。本当にディカプリオの役者魂を感じますね。

また、なんでもかんでもスタントなしでやれと言うイニャリトゥ監督に、トム・ハーディが激怒しケンカに発展、監督の首を絞めたとも?後日、過酷な撮影を続けるイニャリトゥへの不満を募らせるスタッフへハーディは自分が監督の首を絞めている姿をプリントしたTシャツを作って配ったそうです。

bear-1494996_640

あらすじ

1823年、毛皮ハンターの一団はアメリカ西部の未開拓地を進んでいた。隊長のヘンリーを先頭に、ガイド役のヒュー・グラスとその息子のホーク、そしてグラスに対して敵意を抱いているフィッツジェラルドたち一行だったが、ある時、先住民に襲撃され多くの犠牲者を出す事態に。生き残ったグラスたちは危険な川を避け、船を捨てて陸路で砦に戻ろうとするが、グラスは巨大な熊に襲われて瀕死の重傷を負ってしまう。隊長のヘンリーは余命わずかに見えるグラスを残して行くことを決断。息子のホーク、金に釣られて居残ることにしたフィッツジェラルド達にグラスの最期を看取るよう命じるが……。

公式Youtube

STAFF&CAST:スタッフ&キャスト

ヒュー・グラス:レオナルド・ディカプリオ

1974年生まれ。、 カリフォルニア州ロサンゼルス出身。

俳優・映画プロデューサー・脚本家、さらに環境保護活動家としても有名。

10歳からオーディションを受け、14歳でテレビCMに出演。、1993年に出演した『ギルバート・グレイプ』で19歳にしてアカデミー助演男優賞にノミネート。

代表映画は、『ロミオ+ジュリエット』 『タイタニック』 『ギルバート・グレイプ』 『ギャング・オブ・ニューヨーク』 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』 『アビエイター』 『ディパーテッド』 『ブラッド・ダイヤモンド』 『インセプション』 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 『レヴェナント: 蘇えりし者』。

ジョン・フィッツジェラルド:トム・ハーディ

1977年生まれ。イギリス ロンドン出身。

英ロンドン・ドラマ・センターで演技を学び、2001年にTVドラマ「バンド・オブ・ブラザース」で俳優デビュー、その後、「ブラックホーク・ダウン」にも出演する。2015年には『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で主役のマックス・ロカタンスキーを演じた。

代表映画は、『インセプション』 『ダークナイト ライジング』 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 『レヴェナント: 蘇えりし者』

アンドリュー・ヘンリー隊長:ドーナル・グリーソン

1983年生まれ。アイルランドダブリン出身。

俳優のブレンダン・グリーソンとその妻メアリーの長男として生まれる。『ハリー・ポッター』シリーズにビル・ウィーズリー役で出演している。2015年にはハックス将軍役で『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演している。

代表映画は、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 』 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 『レヴェナント: 蘇えりし者』 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

ジム・ブリジャー:ウィル・ポールター

1993年生まれ。イギリス出身。

『ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島』 (2010)のユースチス・スクラブ役が有名。

代表映画は、『リトル・ランボーズ』 『ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島』  『なんちゃって家族』  『メイズ・ランナー』

スタッフ

監督・脚本・製作:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
撮影監督:エマニュエル・ルベツキ,ASC/AMC
音楽:坂本龍一 / アルヴァ・ノト

音楽は日本が誇る世界的な映画音楽家・坂本龍一が参加しています。

「レヴェナント:蘇えりし者」の口コミを見る

「レオナルド・ディカプリオ」関連の作品を見る

「レオナルド・ディカプリオの作品」はVODサービスで、4K映像をはじめ定額で映画が見放題!

さいごに

4K Blu-ray ことUltra HD Blu-rayを視聴するには、専用機器が必要です。

対応機器について詳しく書いたので、何が必要か確認してみましょう!

4K Blu-rayの再生に必要な機器について