night-view-1342591_640

日本初のUltra HD Blu-rayソフトってどこのメーカーが発売したんだろう・・・と調べたら、ビコムが「4K夜景 HDR」というソフトを2016年3月26日に発売しています。北米では2月からUltra HD Blu-rayソフトを販売開始し、日本でも一部メーカーでUltra HD Blu-rayディスクのプレス工場が稼働しております。まだまだハリウッド作品も多いのですが、今年はUltra HD Blu-ray元年になりそうです!

4K夜景 HDRとは?

光り輝く日本各地の夜景を、4K撮り下ろしのUltraHD Blu-ray・HDR(High Dynamic Range)で紹介する。4K・UltraHD Blu-ray国内発売第1号作品。

この作品は、これまでのフルハイビジョンの4倍にあたる高解像度を実現した”4K”と、色の再現性が豊かでさらにハイライト部分や暗部の表現がこれまでより飛躍的に向上した”HDR”技術を採用。

光り輝く夜景はもちろんのこと、昼間の風景や夕景においてもこれまでのブルーレイでは味わえなかった臨場感あふれるHDR効果を堪能できる。

出典:http://vicom.co.jp/nightview/

パナソニックの協力のもと、日本三大夜景の函館・神戸・長崎。また東京・横浜を加えた五大夜景となっています。HDR効果を堪能できるよう、撮り下ろし映像のみを使用し、昼間の風景や夕景においても、従来のブルーレイでは味わえなかった臨場感あふれるHDR効果を堪能できるようです。

撮影機材:Panasonic VARICAM35
収録時間:約42分
ディスク仕様:2層66GB、コーデックはHEVC/H.265
価格:6,000円(税抜)

ビコム株式会社とは?

ビコム株式会社は映像ソフトを制作・出版・販売する会社で特に鉄道ソフトは、長年にわたり全国シェアナンバーワンです。
お子さんや鉄道好きにはなじみの深い会社です。ビデオの制作と販売を同じ会社で行っている珍しい会社です。

函 館

ginza-725794_640
年間500万人が訪れる国内有数の観光地・函館。函館観光の代表格・函館山からの夜景は「世界三大夜景」「日本三大夜景」と称され、散らばる光の宝石はまさに圧巻。

神 戸

cruise-ship-448444_640

「日本三大夜景」の摩耶山掬星台からの眺めや、メリケンパークなど神戸のウォーターフロント、北野異人館街や南京町など、港町神戸の洗練された昼と夜の風景。

長 崎

night-view-1342591_640

香港、モナコと共に「世界新三大夜景」に認定。稲佐山から見下ろす、すり鉢状の斜面に広がる立体的な光は宝石の輝きのよう。また旧グラバー住宅など名所の夜景も紹介。

東 京

ginza-725794_640

大都会東京は光に満ち溢れている。東京のシンボル・東京タワーや、お台場、隅田川、銀座、渋谷など大都会の夜景を軽快な音楽に乗せて。

横浜

japan-70878_640

超人気スポット・みなとみらい21と山下公園など横浜港の昼と夜の風景。夜は横浜港クルーズで海に映える近代都市の夜景を海上から堪能する。

 公式Youtube

 

個人的な感想

夜景ということでどうしても真っ暗になることがありますから、画質が粗くなることもあるだろうと、目を凝らして見ましたが、物凄く近づかない限り気になりません。綺麗ですね。見ていくうちに観光地が多いため、その場所に行ったことを1か所づつ思い出しましたよ。それくらい、記憶を呼び戻させる綺麗な映像です。

4K HDRということで、ギラギラした映像を予測しましたが、自分の目で見た感じと似ていて、記憶に近いという感じです。特にネオンはHDRのおかげが綺麗ですね。

しかし、本当に真っ暗の場所でも、色が出ています。神戸の夜のメリケンパーク付近の夜景は海に映ったネオンが最高です。クルーズで乗ったことがあるコンチェルトまでが出てきて、泣きそうになりました。テレビで見ている映像なのに記憶に残りそうです。

 

さいごに

4K Blu-ray ことUltra HD Blu-rayを視聴するには、専用機器が必要です。

対応機器について詳しく書いたので、何が必要か確認してみましょう!

4K Blu-rayの再生に必要な機器について